【私は私をアウトプットし続ける】

需要があろうとなかろうと。

大きなビジョンがあれば、そこに人は集まる。

動画だろうと、写真だろうと、文章だろうと。

誰もが世界に発信する「手段」を手に入れた。

誰もが世界と繋がる「手段」を手に入れた。

ただそこにいるだけでは、誰も振り向いてはくれない。

もっとあなたを「アピール」しないと。

今まであなたが家族や友人に話していたことは、

いとも簡単に一つの作品になる。

友達と共有していたことが、誰かの興味をひく。

発信して、創り上げれば、それはもう立派な作品。

発信するだけでも、もしかしたら注目を浴びることも。

可能性は未知だ。

活かすも活かさないも…

いや、使うも使わないもあなた次第。

見られるも見られないも相手次第。

案外、新たな自分を見つけられるかもよ?

保科 俊一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です