【最後の投稿】

今日は、私の所属していたコミュニティの1周年記念。
この投稿で、365日続けたアウトプットも
「365投稿目」となります。

一年前の今日、私はメンター高梨さんの
教えの内の1つ「毎日の投稿」を始めました。

自分のブログを書いたこともないし、
考えを表に出すなんて恥ずかしい!

そんなことを考えたのを覚えています。

でも、メンターの生き方に憧れた私は
まずやってみることを決めました。

その結果は…

全く同じ生き方には至っていないけど、
一年前の私よりも遥かに自分の考えにブレが無くなり、「自分の生き方」を見つけることができた。

正直、
ここまでくるのに何度もメンターを否定したいと考え、
不満を漏らしたこともありました。

ただ、「終わらせて元に戻るのは簡単」と
自分の考えを押し殺して、ひたすら実行をしてきた。

そして、私は多くのことを学びました。
「ビジネス構築のいろは」「大量行動の大切さ」
「自分らしく生きる方法」

細かく挙げればキリがない。

実は一年前のこの日。
何人かは「怪しい人に騙されてない?」と
心配してメッセージをくれました。

ちゃんと想いを伝えた結果、
何人かはその後もメッセージをやり取りし、
何人かは話を聞いてもらえず、疎遠に。

「人を信じる」って大変なことなんだ、と思った。

確かに、素性もよく分からない人が
「右」と言えば右
「左」と言えば左。
果ては犯罪に手を染める。

そんな姿を想像すれば心配もされるだろうけど、
「メンター」というのは、あくまでも

「目指したい姿をすでに達成している人」

ロールモデル、憧れの人、そんな風に言ってもいい。
古い言い方をすれば、師匠なんて言い方もあり。

確かに最初は「この人を本当に信じていいのだろうか」
という不安もあるかもしれない。

でも、
その人が本当にあなたの目指す姿を達成している人
ならば、自分が納得するまで調べればいい。
聞けばいい。

そしてその結果を持って、「自分の判断を信じる」

信じるのは、メンターではない。
メンターを信じる自分を、信じるんです。

もしかしたら、そのメンターが自分の目指す姿と
違うこともあるかもしれない。

それはそれで、メンターを変えるなり、
あなたの目指す方向性を調整するだけです。

一発で良いメンターに会えるとは限らない。
ただ、いろいろなメンターを見ることも大切。

ぜひあなたも、「メンター」を見つけてみてください。
「親友」と同じで、メンターも人生において、
かけがえのない存在であることは確かです。

さて、お気付きの方もいるかもしれませんが、
実は5月3日からの投稿は、私が20代の頃にした、
「人生を後悔しないためのこと」をまとめたものです。

1、両親と和解する
2、自分のルーツを知っておく
3、没頭できる趣味を見つける
4、とりあえず「楽しむ」こと
5、異文化に触れる経験をする
6、時間とお金について学ぶ
7、質問力を鍛える
8、とにかく失敗を恐れずに挑戦する
9、「1流」に触れる
10、一生つきあえる親友を見つける
11、メンターを見つける
12、死ぬほどの恋をする

実はあと5つあるのですが、
この365日記念に間に合わなかったので、
気になる方は、個別メッセージをください(笑)

とりあえず、私が「ライフコーチ」として、
「30代になった身」として、

20代の方にもし、
私の人生経験から何か伝えられるものがあるとすれば、これらのことかな?と、まとめてみました。

そして明日からは、また新たな挑戦が始まります。

何か大きな発表があるかもしれないですし、
逆に全く動きが見えなくなるかもしれません。

ただ一つ言えるのは、
私が1年後、3年後、5年後、7年後…やりたいこと、
目指すビジョンに向かって歩んでいることは確かです。

この場を借りて、いつも投稿を読んでくださった方々、
ありがとうございます。

今後の投稿は、もしかもするとブログやLINE@だけに
なるかもしれません。
FBはたまの投稿になるかもしれません。

もし今後も私の投稿を見逃したくない、
という方向けの方法は、こちらから!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.Facebookで【保科 俊一】を検索して開く。
2.【フォロー中】をクリック
3.【トップに表示】
をクリック、以上です!

たったこれだけで24時間で消えてしまうものも
見逃さなくなりますので宜しくお願いします。

【「ジャーマンポテト」はドイツにある?】

突然ですが、
あなたは「よさこい」をご存知でしょうか?

高知県発祥の民謡で、全国…いや
今や全世界に広まっている日本の伝統的な踊りです。

華やかな衣装を纏い、
夏のワクワク感を思い出させる祭りの音楽。
数十人から数百人の人たちが踊りで「和」を魅せる。

私の人生において、
「よさこい」は欠かせないものとなりました。

時に「仲間」の良さを教えてもらい
時に「大勢で何かを作り上げること」を学び
時に「日本の伝統」を伝える機会を与えてもらった。

何度か投稿で話はしていますが、
昨年まで私は、メルボルンのよさこいチームで代表を
務めていました。

40名を超える多国籍メンバーのチーム運営は、
全てが新鮮で、得られた結果も計り知れないもの。

「語学力」はもちろん、「コミュニケーションスキル」
「最高の想い出」そして、
「国境を越えて何か一つのものを作り上げる経験」

これは、体験しないとわからないでしょう。

そして、このような環境においては
「一生付き合える親友」と出会うチャンスにもなります

何か一つの目的を持った人が集まる環境。

私はこのような環境で、
人生を一緒に楽しむ「親友」
お互いを高め合うことのできる「親友」

を見つけることができました。

「親友」を持つことって良いことだとわかっていても
人生で最も難しいことの内の1つだと思います。

損得を考えずに何かをしてあげたい、助けたいと思う。
相手のことを考えて、失礼なこともズカズカと言える。

「親友」がいなくても死ぬことはありませんが
いるだけで、人生は間違いなく良いものになります。

今回私は、
そんな環境を得られる情報をシェアしたいと思います。

『世界11カ国から集まった踊り子たちと、
「よさこいの本場」でパフォーマンスをするチーム』の
メンバー募集です。

私の前所属のメンバー(オーストラリアから)も、
参加するために練習を進めていますし、
私自身も前代表として本国際チームに関わっています。

4日間で延べ約100万人の人出があり、
約2万人が演舞を繰り広げる超ー大規模な日本の「祭」
そんな祭典に出場し、かけがえのない体験を得る場。

残りわずかの定員がありますので、興味のある方は、
”今すぐ” 私まで個別メッセージをお願いします。

ぜひ一緒にやりましょう!!

さて、、
タイトルのジャーマンポテトの件。
今日、以前から気になっていたドイツビールのお店で、
店員さんに教えてもらったのですが、

ドイツで「ジャーマンポテト」と言っても
出てこないそうです(笑)似た料理はあるそうですが。

確かに、日本に来て「日本のじゃがいもください!」
って言っているようなものか…

そんなお話でした。笑

【一流のもの】

今日は一日部屋で音楽を聞きながら、
溜まっていたファイルを整理。

今は安〜ぃ抹茶ラテを飲みながら休憩中です(笑)
ここの抹茶は甘くないから好きなんです。

左手にはお気に入りの時計。

実はこの時計、私が入社1年目の時に買った、
それなりの値段のするもの。

だからと言って、
数百万も数千万もするものではないですが(笑)

でもこれは、1流のスポーツ選手たちが
つけているものと同じものです。

めっちゃ軽いんですよぉ!!

世の中には、
ブランド料だけでものすごく高いものもあれば、

機能がしっかりしているのに、
値段はそれほどでもないものもたくさんあります。

私はどちらかと言うと「アンチブランド品派」でした。

そもそもその
「ブランド」と言うものに価値を感じなかったから。

でも、最近はこう考えることにしています。
「そのブランドの『在り方』にお金を払っているのか」
と。

それでも未だに
名前しか知らないブランドには抵抗があります。笑

私の物を選ぶ基準が、
1位:見た目(デザイン)
2位:機能性
3位:作った人の想い(理念とか)
*ランク外:ブランド
だから(笑)

話がそれました。

私が会社員時代にも、最近にも言われたことの一つに、
「1流に触れろ」があります。

物でも、人でも、場所でも構いません。

「高価で最高品質の物を買う」
「何かで成功しているTopの人と話をしてみる」
「1流と呼ばれる場所でサービスを体験してみる」

方法は様々です。

でも、
1流と呼ばれるには、やはりそれなりの理由がある。

「どんな最高レベルのこだわりがあるのか」
「どんな考え方を持っているのか」
「どんな細かい気遣い・気配りがされているのか」

最近だと、
ベンチプレス世界一の方と話す機会がありましたが、
落ち着いていて、色々な視点を持っていて、
本当にたくさんのことを学ばさせて頂きました。

私が、普段から意識している考え方の一つに、
「環境」の力がありますが、これは

『人生は自分が触れたものになる』とも言えます

普通の物に囲まれ、普通の場所に行き、
普通の人たちと一緒にいれば、普通の環境が
常識となる。

逆に、

1流の物に囲まれ、1流の場所に行き、
1流の人たちと一緒にいれば、1流の環境が
常識となる。

1流が正しくて普通が悪いと言うことではないですよ。

ただ、「1流に触れる」ことで
学べる、感じる、得られることはたくさんあります。

まずは「人生に1回」くらいの気持ちでいいから、
1流に触れる体験をしよう!

Live your life, to the fullest.
人生を全力で楽しめ!

【人生で一番若い年齢は?】

私が起業を考えるきっかけとなった、
大学時代の先輩と2年ぶりに夕飯を食べてきました。

先輩はこの2年の間に色々なことがあり、
今はサラリーマンをしながら投資をし、
現在は結婚式に向けて準備をしているとのこと。

とても幸せそうな顔でした^ ^

2年前の今頃は、
一緒にビジネス構築をしようとしていたのですが、
最終的には現在のスタイルに落ち着いたそうです。

この間にも、色々な失敗を経験したとのこと。

投資で何百万も損をしたり、
本業で手一杯で、副業に時間が割けなかったり。

私が以前から思っていたことですが、
「やったからこそわかること」と、言うのはたくさん
あると思います。

よく、「ちょっと考えたらわかるだろ」
と言う言葉を聞くのですが、どちらかと言うと私は、
「やってみないと何が起きるかわからない」派です。

起業だって、「簡単じゃない」と言うのは
よく耳にする言葉。

でも、人によってはサクッと成功してしまう人もいる。

ただ多くの人は、たくさんの失敗をしているのも事実。
私の好きな言葉に、こんな言葉があります。

『成功の反対は失敗ではない。成長だ。』

そう。例え何か上手くいかないことがあっても、
それを悔やんだり、落ち込むことはない。

その結果は、次へ活かすための経験となり、
あなたを成長させるもの。

失敗を恐れることはない。

どんなことでも、まずやってみること。
後悔のないように。

「こんな歳にもなって…」こんなことを考えたあなた。

きっと30代になれば、「20代に戻れたら、、」
40代になれば、「30代の頃に戻れたら、、」
そう考えるに違いない。

23歳で「人生は終わった」と考える人もいれば、
80歳を超えて「さぁこれからだ」と考える人もいる。

特に20代の人ほど、自分の若さに気づけない。

人生で経験したことのある年齢が「今」なのだから
無理もないかもしれない。

でも、『人生で「今」以上に若い年齢はない』

だから、どんどん挑戦して、失敗して、
その状態ですら楽しんしまえ!

「成功 or 成長」ならば、恐れるものは何もないから。

Live your life, to the fullest.
全力であなたの人生を生きろ!

【人は1日に40,000回〇〇をする】

本当にふと突然、
「みかんの缶詰てどうやって皮を剥いてるんだろう?」
と疑問に思い、Youtubeで検索してみました。

“THE MAKING” というチャンネルで
その工程を見たのですが…めっちゃおもろいやん 笑

疑問が生まれたらすぐに解決できる現代に感謝です 笑

私がコーチングを学んで、認識した名前があります。

それは「質問力」。

冒頭の「みかん」の件もそうですが、
あなたの人生は日々の「質問」からできています。

「今日のお昼は何を食べよう」
「今週末はどこに行こうかな」
「どうやったら仲直りできるかな」
「どうしたら上手く仕事が終わるかな」
「次はいつ旅行に行こうかな」

人は無意識のうちに、
一日40.000回の質問を自分にしているそうです。

今日私が伝えたいのは、

「質問力を鍛えよう!」ということ。

もしあなたが、
毎日こんな質問を自分にしていたらどうでしょう?

「なんで、こんなに俺/ 私は仕事ができないんだ」
「なんで、毎回痩せられないんだろう」
「なんで、こんなにも英語ができないんだ」

理由を考えるだけで、「できない自分」ばかりに
フォーカスされてしまいます。

それを、以下のように変えたらどうでしょうか?

「どうしたら、上手く仕事がまわるかな?」
「どうしたら、継続して痩せられるかな?」
「どうしたら、もっと喋れるようになるかな?」

こんな例え話があります。
目の前に飛び降り自殺をしようとしている人がいます。

あなたは何を喋りかけるでしょうか?

「何があったの?」
「どうしたの?」
「なんで死にたいの?」

これらの質問の答えは、全て自殺をするための理由を
思い出させるものです。

そうではなくて、

『なんで今まで死ななかったの?』

こう問いかけたらどうでしょうか?

きっと、その人の中で死ねなかった理由が出てきます。
家族なのか、恋人なのか、親友なのか。

あくまでも例え話ですが、「質問力」の習慣は
あなたの考え方、人生を変えていくのです。

ぜひ、
日頃から良い質問をするように心がけてみてください。

『自分に天才的な才能があるとしたら、それは何?』
『最高の人生を生きるとしたら、どんな未来がいい?』
『自分の夢を実現するために、助けてくれる人は誰?』

少年よ、質問力を鍛えよ!!

*ちなみに、みかんの皮は、
薄い塩酸で溶かしているようです。知ってました??

【「時間」と「お金」について学ぼう】

今日は、
国際的な動画マーケティングに関するイベント2日目。

昨日今日と、LINEの元代表取締役社長や
世界No.1の動画マーケッターJustin teohの話など、
すぐに使える情報から笑い話まで盛りだくさんの内容。

品川にある会場には、1,000人近い参加者が来ていた。

もちろん参加費は無料(タダ)ではない。
席種によって価格は異なるけど、それでもこれだけの
人たちが学びに/ 体験しに/ 遊びにくる。

日本人はよく、「投資をしない」人種だと言われる。
しないと言うか、知らないと言うか。

不動産や株式などに限らず、
教育にかける金額に関しても、海外に比べて
1/10しかない、という話もある。

「投資」はどんな年齢になっても、した方が良い。

それをすることで、あなたの知識・経験・生活など
色々なものが豊かになるから。

その中でも、特にこの3つ、

『スキル・ビジネスへの投資』
『健康・エネルギーへの投資』
『環境・経験・思い出への投資』

これらへの投資は、惜しまずすることを強く勧めたい。

時価で上下せず、
かけたお金の分だけ、あなたに返ってくる。

知識がお金を生んだり、
健康な身体が医療費の節約になったり、
新しい経験がのちに楽しい想い出になったり、

間違いないなくこれらの投資は、
あなたにとってプラスに働く。

特に最近のセミナーは色々な種類があり、
「学び」の在り方も変わって来ている、と感じる。

恐らくあなたが思っているような、

会議室でホワイトボートを見ながら、
講師の話を延々と聞く、、、そんなイメージとは
かけ離れている。

いや、正直なことを言えば、私もそう思っていた。

まぁ、セミナーが全てではない。

けれども、さっき挙げた3つの投資先に投資をして、
『時間』と『お金』に関することを学んで、
得はあっても損は絶対にない。

『投資をしよう』

それが、あなたの大切な時間を増やすことにもなるし、
お金についての知識を深めたり、
より充実した人生を生きることにつながる。

Live your life, to the fullest.

【異文化に触れろ!】

これからは動画の時代。
ということで、少し勉強をしてきました。

講師の中には、タイやアメリカからの講師も。

私が社会人になって、半ば強制的に海外営業の仕事を
やらせてもらったことには、本当に感謝しかありません

それまでは、英語なんて一生使うこともなく、
外国人と話すことすら無関係のまま人生を終えると
思っていたから。

でも、一度日本の地を離れて外の世界に踏み入れると、そこは新しいこと、面白いことで溢れていました。

国によって違う国民性。
海外から見た日本の印象。
建物や文化の違い。

前にも話したことがあるかもしれませんが、
国によっては、社員が大勢で早退届を出して
サッカーとBBQにいく、なんてこともありました 笑

海外に行くことで、今までの常識は
全くもって常識ではなくなる。

決まりきった答えはなく、考え方が柔軟になります。

私が去年から意識している言葉、
『移動距離=成長の大きさ』

これはまさに、表している言葉だとと感じます。

常識が常識でなくなる。
これは、今現在あなたの置かれている状況が
どれだけありがたいことなのかを知る機会にもなります

食事面であったり、治安面であったり
交通面であったり。

そんなこんなで、色々な国でコミュニケーションを
取るために学んだ語学は今、

セミナーで英語を聞き取れるようになったり、
洋楽の歌詞がわかるようになったり、
ある国際チームとの連絡で役立っている。

大学卒業まで、
英語の単位を落としまくってた私が言います。

海外に行くことで、視野が広がり、
学びも増え、発信したいことも増えました。

もっと単純に言って、
「新しい発見や楽しいことばかり」です。

むしろ今では、
海外からの労働者や観光客がどんどん日本に入ってきて
話す機会も増えてきています。

アジアの国の人は、日本人の国民性を「すごい」と
思ってくれています。

話が逸れそうなのでまとめます。
要は、

『1回海外に行ってみ?』

ってことです。
男なら、最低1回は「一人で」行ってみてほしい。

何年も、とは言わないけど、できるだけ長く。

「あえて居心地の良い日本を離れる意味がわからない」
なんて人もいるかもしれない。

でも、そんな自分が言う。

そんな居心地の良い場所や環境は、
案外、日本だけでなかったりもする。ってことを

そして、英語は喋れなくても
案外、なんとかなるから。

案外ね。

あなたの考える、
「もし〇〇なことになったらどうしよう…」は
当たらない占いみたいなもんさ。

『1回海外に行ってみ?』

【人生を100%、いや、120%…】

【人生を100%、いや、120%…】

今日はある場所で、人に会ってきました。
高級感漂う何ともおしゃれな場所。

詳細はあまり言えませんが、
その中であることを思い出しました。

それは、私が過去会ってきた「魅力的な人」とは
「何ごとも楽しんでいる人」だということを。

同じ出来事・状況・性別・年齢だろうと、
一方はそれを楽しむことができる。

でももう一方は、愚痴を言ったり、
面倒だと思ってやらなかったりするんですね。

実は、出来事はそれ自体がつまらないのではなくて、
「つまらない」と思っているからつまらなくなる、
ということ。

単に「ポジティブな人」「ネガティブな人」と
言ってしまえばそれで終わりですが、
この考え方の癖は、変えられるもの。

面白いもので、この考え方ができると、
新しい気づきが生まれたり、人間関係が良くなったり
します。

周りを見てみてください。

マイナスのことを言っている人より、
ポジティブな人の方が周りが賑わっていませんか?

どうせ同じことをするならば、
何ごとも楽しんでやってしまった方が、
学びも多い、人に好かれる、

そしてそれが、
その後、何かのチャンスに繋がることもあります。

伝えたいことは一つです。

『何ごとも楽しんで取り組め』

究極、それだけで十分と言える。笑

Live your life, to the fullest.
いいから、とにかく何でも楽しめ!

【没頭できる趣味を持て!】

今日は長野の最終日ということで、

「ダッチベイビー」なるパンケーキを食してきました。

温かいふわふわパンケーキと、冷たいアイスクリームが

何とも言えないハーモニーを

と、能書きは置いておいて、素直に美味しいです。

次は一人ではなく、誰かと食べたいですね(笑)

ご存知の通り、私の趣味は「カフェ巡り」です。

(知らねーよ、という方。私カフェ好きなんですよ)

でも、実のところ、コーヒーは1日に1杯まで。

それ以上は体調に異変が生じます。笑

実際好きなのは、

 「ラテアートを楽しむこと」

 「お洒落な空間、インテリアを楽しむこと」

 「甘いものを楽しむこと」

 「カフェでの会話を楽しむこと」

 「カフェで仕事してる感を楽しむこと」

 「新しい発見をすること」

 「見て楽しい写真を撮ること」

なので、本当の「コーヒー好き」の方に比べたら

知識はまんざらです。

あ、あと「味の違いがわかる男になることを楽しむ」

もありました 笑

ただ、この趣味を持ったおかげで、

私のワーキングホリデーや、起業ライフはかなり

充実したものになりました。

いや、遡れば大学時代のカフェのバイトから

喫茶店のバイトまで、

人生を充実させてくれたと言っても過言ではありません

会社員の人であれば、

趣味はモチベーションに繋がります。

起業家の人であれば、

気づけばそれが本業につながる可能性もあります。

どちらかに関係なく、

思いがけないところで、知識や経験が活きることも。

 『趣味は人生を豊かにする』

もしピンとくるものが何もないならば、

これからは、少しでも気になったことを

「まず」やってみる。ということをしてみてください。

「直感」は育てることができます。

また、案外趣味だと気づいていないこともあります。

一見、くだらないと思えるようなこと。

でも他の人には真似できないこと。

例えば、「コンビニアイスマニア」なんてのも

あるそうです。

何気なく続けていたことが、

既に、他の人には簡単に真似できないくらい

積み重なっていた、なんてこともあります。

 『今まであなたが、

  一番時間を費やしてきたことは何ですか?』

1番目が仕事であれば、その中で「好き」と思えること

を探しても良いでしょう。

2番目は?3番目は?と考えてみても良いでしょう。

「プライベートで」という条件をつけて考えてみても

良いと思います。

没頭できる「趣味」を持って生きよう!

Live your life, to the fullest.

人生を全力で楽しもう!

【『自分のルーツ』を知ろう】

岐阜県は飛騨(ひだ)まで、

三葉を探しに行ってきました。(わかる人には笑)

いえ、本当は、

「白川郷」という世界遺産の一つを見にいくため。

父親がずっと見に行ってみたい、と言っていたのと、

私自身も興味があったから。

もともと雨の予報だったことと、

朝早くに出発したこともあり、渋滞にはぶつからず

スムーズに目的地に到着。

茅葺(かやぶき)屋根と言われる植物を使った屋根は、

密閉されているわけではないにも関わらず、

朝まで降っていた雨を通さずに、

屋根としての役割を果たしていました。

日本独特のものではないようですが、

自然の素材をうまく利用した建物は「すごい」の一言

さて、タイトルの「自分のルーツを知ろう」ですが

「自分が何をしたらいいのかわからない」という方には

特にやって頂きたいことのうちの一つです。

私も、何をしたらいいのかがわからない、

そんな時期がありました。

そして、少しづつ

「これかな?」というものが見つかってきた頃に、

両親のことを知ることで、

点と点が線になるように、腑に落とす事ができました。

「なぜ私は、

 断定的な言い方をされるとイライラしたのだろうか」

「なぜ私は、

 色々なことをやってみたいと思うのだろうか」

「なぜ私は、

 起業したいと思ったのだろうか」

考え方や今の人生の選択には、自分のルーツと

どこかで繋がるものがあります。

両親の職業に影響されたのかもしれない。

両親の親の性格が関係しているのかもしれない。

「自分のルーツを知ることが怖い」

という人もいると思います。

「両親が〇〇だったから私には才能がない・できない」

「両親が〇〇だったから私も同じ性格になるのでは

そんなことはありません。

あくまでも、今のあなたの考え方は、

過去のあなたの育てられ方や環境に理由がある、

というだけであって、

それが全て、というわけではないからです。

あなたのプラス面・マイナス面、そして

その理由がわかることで、自分自身のことが分かり、

自信が持て、次への行動に移せるのです。

案外、両親やその両親のすごい経験や知識など、

新しくて楽しい発見があるかもしれませんよ^ ^

 『あなたの両親の強みと弱みは何ですか?

  そして、それはなぜそうなったのでしょうか?』

Live your life, to the fullest.

追伸:

朝、渋滞なしでこれた白川郷は、

帰りになるとI.C.まで渋滞が続いていました 笑